オンライン動画コンテスト「BOVA」

審査員

Judge最終審査委員

佐々木康晴(ささき・やすはる)

電通 第4CRP局長/エグゼクティブ・クリエーティブディレクター

佐々木康晴(ささき・やすはる)

1971年生まれ。電通入社後、コピーライター、インタラクティブ・ディレクターを経て、2011年からニューヨークに出向。帰国後の現在はデジタルのクリエイティブを推進しつつ、Dentsu Aegis NetworkのECDも兼任している。国際広告賞の審査員経験や国際カンファレンスでの講演も多数。2011年クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト受賞。

木村健太郎(きむら・けんたろう)

博報堂ケトル 共同CEO エグゼクティブ クリエイティブディレクター / 博報堂 APAC co-CCO

木村健太郎(きむら・けんたろう)

1969年生まれ。一橋大学商学部卒業後、1992年博報堂入社。戦略からクリエイティブ、PR、デジタルを越境した統合的なプランニングスタイルを確立し、2006年博報堂ケトルを設立。従来の広告手法にとらわれない「手口ニュートラル」というコンセプトで、アイデアを沸かして世の中を沸騰させるコミュニケーションを提案・実施している。

中島信也(なかじま・しんや)

CMディレクター/東北新社取締役 

中島信也(なかじま・しんや)

1959年福岡県生まれ。大阪育ちの江戸っ子。武蔵野美術大学卒業。カンヌライオンズをはじめ多数の賞を受賞。日清食品カップヌードル「hungry?」、サントリー「伊右衛門」、TOTO「菌の親子」など。2010年劇場用映画「矢島美容室」を監督。

眞鍋海里(まなべ・かいり)

BBDO J WEST コンテンツプランナー

眞鍋海里(まなべ・かいり)

1982年宮崎生まれ。大学卒業後、タワーレコード、WEBプロダクションを経て現職。田舎で鍛えられた妄想力で、課題解決とサプライズを両立させたコンテンツを生み出す企画屋。主な仕事として、AUTOWAY「雪道コワイ」、集中リゲイン「The Extreme Minuet♪」、HOME’S「ドリーマー」、KIWI「ハイパーキックOL」、最近ではpaymo「Table Trick」、超特急 連結MV「gr8est journey」などの映像コンテンツを手がける。

田向潤(たむかい・じゅん)

田向潤(たむかい・じゅん)

1980年生まれ。多摩美術大学を卒業後、デザイナー経験を経て、CAVIARへ加入。その後2011年よりフリーランス。主な仕事に、きゃりーぱみゅぱみゅ、くるり、SMAPのMV。ヤフオク!、レオパレス21、Newニンテンドー3DSのCMなどがある。

たじま なおこ

たじま なおこ

CM・映画監督。慶応義塾大学卒業後、ロンドン映画学校を経て、博報堂プロダクツに入社。ディレクターとして活躍。カンヌ映画祭、ハリウッド映画祭、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア、カイロ映画祭など多数入選、受賞経験あり。2012年に独立後、世界をまたにかけてCM、映画、PVを演出。2016年に演出したアマゾンプライムの犬と赤ちゃんのCMは、日本にとどまらず、全米及びヨーロッパ各国でも放映される。

Judge一次審査員

太田慧(おおた・けい)

AOI Pro. ディレクター

太田慧(おおた・けい)

企画演出部所属。Webと映像の両方を企画演出できるディレクターとして活動中。 ADFESTグランプリ、CLIOブロンズ、 ロンドン国際広告祭シルバーなど受賞多数。

北田一真(きただ・かずま)

TOKYO ディレクター

北田一真(きただ・かずま)

1985年生まれ。2012年にTOKYOのディレクターとして活動を開始。 CM、MV、Web ムービーなどの 映像を制作し、多岐にわたり活躍。 カンヌライオンズゴールド、One Show ゴールド、D&ADウッドペンシル等受賞。

佐藤渉(さとう・わたる)

ティー・ワイ・オー SPARK CMディレクター

佐藤渉(さとう・わたる)

2006年モンスターフィルムス入社。SPARK所属CMディレクター。Adfest.フィルム部門グランプリ、Spikes Asia金賞、Cannes Lions 銀賞、ACC2016ベストディレクター賞、他。

水落豊(みずおち・ゆたか)

電通クリエーティブX CMディレクター

水落豊(みずおち・ゆたか)

1975年生まれ。映画「偉大なる、しゅららぼん」で長編映画演出。「chay」「nano」など、MV演出も多数手がける。様々なジャンルの演出経験をベースに幅広く活動中。

神田祐介(かんだ・ゆうすけ)

博報堂 第一クリエイティブ局 CMプランナー

神田祐介(かんだ・ゆうすけ)

映像プランニング中心に担当。ACC TVCM部門・ME部門グランプリ、ADFEST2017 GOLD、ADSTARS2017 GOLD、TCC賞、広告電通賞最優秀賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門等受賞。

栗林和明(くりばやし・かずあき)

TBWA\HAKUHODO バズマシーン

栗林和明(くりばやし・かずあき)

再生回数1億突破。専門は「バズ」。 話題の“量”、“質”、そして“精度”を高める。担当作品は、縦型スマホジャックMV「RUN and RUN」、日産「Intelligent Parking Chair」「#猫バンバン」、ハーゲンダッツ「ハーゲンハート」など。JAAAクリエイターオブザイヤー2016メダリスト。Ad Ageの40 under 40で、アジア唯一の選抜。1987年生まれ。

佐藤雄介(さとう・ゆうすけ)

電通 CMプランナー/コピーライター

佐藤雄介(さとう・ゆうすけ)

最近の仕事。カップヌードル「HUNGRY DAYSアオハルかよ」、日清焼そばU.F.O.「エクストリーム!」、ポカリスエット「踊る修学旅行」、マルコメ「世界初かわいい味噌汁」等。カンヌ広告祭ヤングカンヌ「フィルム部門」にて日本人初のメダリスト。

宮地成太郎(みやち・せいたろう)

電通 クリエーティブ・テクノロジスト

宮地成太郎(みやち・せいたろう)

1985 年生まれ。プログラマーを経て2012 年電通入社。バズ/商品開発/販促/ブランディング/コンサルティングなど、デジタルを駆使してあらゆる領域の課題解決を行う。最近の作品に、日本マクドナルド「和風ポテトフライ 大学いもの味」商品開発&広告コミュニケーション、テレ朝本社でのイベント「Mステ階段デビュー」ジェネレーター、コアラモードPV「人はどこから、コアラモード?」などがある。